家電を売るためのノウハウをお届け

ソフマップ、秋葉原にeスポーツスタジオ開設 急増するゲーミングPCのさらなる需要拡大を目指す


ソフマップは4月30日、東京・秋葉原のAKIBA②号店パソコン総合館の2階にeスポーツの専用スタジオ「eSports Studio AKIBA」をオープン、26日に報道関係者に向けに記念セレモニーを開催した。

解説・実況用のブースも設け、対戦はネットで配信

同スタジオは、左右に5台ずつのハイスペックPCと中央に実況・開設ブースを設け、最大5対5で対戦ゲームを楽しめるとともに 対戦の様子をネット配信できる設備を備える。プレイヤーブースはガラス張りで、天井に設置された5台のモニターで対戦中のゲーム画面を観戦できるようにもなっている。

スタジオには、左右に5人用のPCと中央に解説・実況用のブースを備える

ゲーミングPCのコーナー新設により、売り上げが倍増

ソフマップの渡辺武志社長は同スタジオをオープンした狙いを次のように語った。
「昨年10月に1階にゲーミングパソコンコーナーを新設したことで、ゲーミングパソコンの売り上げは約2倍に増えた。小売業としてeスポーツの普及に貢献するには、やはりパソコンなどの関連商品を売ることが一番。商品が売れれば、メーカーによるスポンサード料などで資金が循環して、eスポーツが発展していくことができる。eスポーツを支えている若い世代の人たちが気軽に楽しめる場を店舗内に提供し、ゲーミングパソコンを身近に感じてほしいという思いからこの施設を作った」。

スタジオオープンの狙いを語るソフマップの渡辺武志社長
eSports Studio AKIBAの施設概要。Jストリームがシステム構築を担当した

週末はメーカーなどのイベントを開催し、平日は個人に無償で貸し出す。学生サークルやSNSグループなど、基本的に誰でも借りることができるという。「学生たちは、団体でeスポーツを楽しめる場所がなくて困っている。大会に出場するための練習に使ってもいいし、プレイヤーだけでなく、実況や解説、配信の練習をしてもいい」(渡辺社長)。

プレイブースの前には観戦スペースがあるので、eスポーツを始めたいと思っている人、興味がある人だけでなく、eスポーツを知らない人でも自由に観戦することでeスポーツに興味を持ち、そこからパソコンなどハードの物販につなげたい考えだ。

ゲームをプレイすることでハードの購入につなげる

ゲームのプレイ画面はインターネット上の専用ページで誰でも配信できるのだが、配信画面の下にはソフマップ・ドットコムのECサイトが埋め込まれており、パソコン本体やキーボードなど関連するハードをその場で購入できる仕組みも作った。リアルだけでなく、ネットの中でもゲームをきっかけにハードの購入を促していくのである。

パソコン、スマートホンどちらからでもゲームの実況が視聴でき、関連グッズも同じページ内で購入できる

また、同スタジオの開設に伴い、クラーク記念国際高校秋葉原ITキャンパスとの提携も実施した。キャンパス長の土屋正義氏は提携内容に関して次のように説明する。「本校のゲームプログラミング専攻の選択授業の1つとして、このスタジオを借りて実際に授業を行う。若い人たちがゲームで活躍できる時代がすぐに来る。きちんとしたカリキュラムを作り、いちはやく授業として成立させて世界で活躍できる生徒を育てたい」。高校生、大学生という若い世代に組み立てパソコン、PCパーツ、リユースPCへの接触機会を増やす戦略だ。

クラーク記念国際高校秋葉原ITキャンパス長の土屋正義氏

東名阪での対戦も視野に、店舗での設備導入を推進

ソフマップでは今後、eスポーツチームグッズなど関連商品売場を拡大し、ゆくゆくは②号館をeスポーツ専門館にしたい考え。さらに、大阪と名古屋の店舗にも同様の設備を投入し、東名阪をネット回線でつないで対戦できるようにする計画だ。

オープン記念セレモニーでは、近畿大学eスポーツサークルと龍谷大学LoLサークルによる対戦ゲーム「League of Legends」のエキシビジョンマッチが行われた

かつて、パソコン専門店のT-ZONEがメイド喫茶をオープンしたことが、秋葉原にメイド喫茶文化が広がるきっかけの一つになった。同様に、ソフマップの今回の試みをきっかけに、秋葉原がeスポーツの町へと変貌すれば、日本のeスポーツ市場は一気に花開くだろう。