家電を売るためのノウハウをお届け

東芝ホームテクノが扇風機を6機種発表。3年ぶりに扇風機事業を再開


東芝ホームテクノは、3年ぶりに扇風機事業を再開し、リビング扇風機4機種、タワー型扇風機2機種の合計6機種を4月中旬から発売する。

扇風機市場は、風の質へのこだわり、省エネ性能の重視といった理由から、DCモーターを採用した高機能モデルの人気が高まっている。

東芝ホームテクノは3年ぶりに扇風機事業を再開し、より自然に近い風の実現のために羽根の形状や操作性能などを見直した新製品を6機種発表した。

発売は4月中旬から。価格はオープンで、店頭想定価格は全て税抜きで次のとおりとなっている。
【リビング扇風機】
F-DLW75が25,000円前後、F-DLW65が20,000円前後、F-ALW65が14,000円前後、F-ALW55が10,000円前後。
【タワー型扇風機】
F-DTW70が21,000円前後、F-ATW60が18,000円前後。

温度センサーを搭載

DCモーターを搭載しているリビング扇風機のF-DLW75とタワー型扇風機のF-DTW70は、室内の温度を検知して風量を自動で調節する「温度センサー」を搭載する。

リビング扇風機4機種に共通している機能として、高原にそよぐ風のようなやさしい微風「ふわり風」、自然に吹く風に近い送風パターンを再現する「ランダム風」といったモードを備えている。また、羽根にはホコリ防止加工を施し、ホコリを付きにくくしている。

そのほか、「切タイマー」「入タイマー」の単独設定と併用設定が選べるので、就寝時も快適に過ごせる。羽根の枚数はF-DLW75とF-DLW65が9枚、F-ALW65とF-ALW55が7枚。

ホコリ防止加工の効果の違い

タワー扇風機は、リモコンで首振りや風量の操作が可能。F-DTW70は風量調整12段階、ランダム6段階、F-ATW60は風量調節5段階、ランダム3段階と幅広く調節できる。このほか運転状態が見やすいLED表示などを搭載している。LED表示部は室温が表示され、就寝時に光がまぶしくないよう「減光・消灯」モードが選択できる。

■関連リンク

東芝ホームテクノ