家電を売るためのノウハウをお届け

日立、Instagtamを活用したエアコンイベント実施


日立ジョンソンコントロールズ空調(以下日立ジョンソン)は11月23日から26日の4日間、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaの店頭イベントスペースで、Instagramを活用したエアコン店頭イベントを実施した。

日立ジョンソンは、新型Xシリーズの新機能”凍結洗浄”をメインとした新製品プロモーションとして、Instagramを活用したイベントを実施した。実施場所は、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaの昭和通り側の店頭イベントスペースだ。

スペース内には、モックや凍結洗浄の説明パネルなどを複数用意するとともに、同社エアコンのキャラクターである「白くまくん」のぬいぐるみを配置するなどした。

イベントでは「白くまくん」の着ぐるみとの撮影会を実施。さらに、指定のハッシュタグでInstagramに投稿した画像を出力するサービスなども行った。

撮影会は複数回実施された

イベント担当者によれば、撮影会参加数は「4日間で約500組」とのことで、親子連れのほか、女性グループの姿も目立ったという。撮影会と同時にスマホを用いた「モバイル抽選会」も実施。凍結洗浄に関するクイズを盛り込むなどして、機能の認知度向上も図った。

「イベントスペースには、XシリーズのCMを流すとともに嵐の松本潤さんのポスターも掲示しました。一部のファンの間で話題となったようで、遠方から訪れたというお客様もいらっしゃいました」(イベント担当者)。

家族連れの参加が目立った

取材した日は土曜日だったので、買い物帰りの家族連れや夫婦が白くまくんとの撮影会を楽しんでいた。撮影後ブースをまわり「凍結洗浄」の仕組みの説明を聞き、驚く人も少なくなかった。

「エアコンと白くまのぬいぐるみ」という組み合わせが珍しいのか、撮影会に参加しないが、スマホでブースの様子を撮影している人の姿も多く見られた。同イベントは、「日立のエアコン 白くまくん」のブランド認知に大きく貢献したようだ。