家電を売るためのノウハウをお届け

エディオンが横浜市都筑区にモザイクモール港北店をオープン 大型SCへの移転で集客への期待とともに展示演出にも注力


中部以西で店舗展開を進めているエディオン。首都圏1都3県での店舗は10店舗と、出店については西高東低となっている。エリアのバイイングパワーを考えると関東圏での展開が少なく、同エリアでの店舗展開が待たれるところだが、この首都圏10店舗のうちの神奈川県横浜市にある店舗を移転オープンさせた。

隣駅の大型ショッピングセンターへ移転

神奈川県横浜市のエディオン モザイクモール港北店が、このほど移転オープンした。旧店舗の港北センター南店は、横浜市営地下鉄のセンター南駅から徒歩数分にあるコーナン港北センター南モールのインショップ。新店舗は、センター南の隣のセンター北駅に隣接したモザイクモール港北のインショップとして出店し、新旧店舗ともショッピングセンター(以下、SC)内のインショップという形式は同じだ。

売り場面積は約595坪と、旧店舗の4割程度と縮小。売り場面積だけで新旧店舗を比較すると、移転後は減床という形になっているが、立地環境という観点で捉えると、異なる様相が見えてくる。

旧店舗はホームセンターのコーナンを核とした3フロアのSCで、スポーツ用品店や100円均一ショップ、子供用品店などがテナントして入っているが、SCとしての規模は小ぶりだ。

移転前の港北センター南店。2008年2月29日にオープンし、売り場面積は約1500坪だった

一方、新店舗が入るモザイクモール港北は阪急商業開発が2000年にオープンしたSCで、地下1階地上6階建。地下には都筑阪急やスーパーのそうてつローゼンなど、食料品を中心とした毎日の買い物に利用できるショップと地上階以上はファッションやライフスタイル、ベビー&キッズなど多種多様なショップがテナントとして入店。さらに5階には歯科や小児科、整形外科などのメディカルモールも併設。屋上には観覧車が設けられ、都筑区の観覧スポットともなっている。

モザイクモール港北の屋上には観覧車があり、休日ともなれば多くのファミリー客が観覧車に乗るために集まる

また、旧店舗があったセンター南駅の近辺では現在、旧店舗があった北側よりも南側に様々な商業施設がオープンし、人の流れは南側に集中している。これに対して新店舗が入るモザイクモール港北は、センター北駅の斜め前に位置し、百数十のテナントが入っていることもあり、非常に集客力があるSCだ。つまり、新旧店舗の出店SC自体の規模や集客力が異なるため、売り場面積が旧店舗よりも小さくなっても集客の立地環境としては改善されることが期待できるのだ。

移転による一番の期待は集客力の向上

同店の佐藤雄一店長は旧店舗で4年間店長として勤務していたため、商圏は熟知している。佐藤店長によると、移転した新店舗での期待は、やはり「集客力」という。

「以前の店舗は駅から最寄りの出口に行くまでに長い階段やエスカレーターを使って下り、最寄り口から出ても店舗が見通せないような立地でした。実際に店舗が分かりにくいとお客様から言われたこともあります。でも、新店は駅のすぐ前で、どこにあるかが一目瞭然。しかも旧店舗の駐車場は約700台でしたが、新店の駐車台数は1,100台で、電車を利用されるお客様にも車で来店されるお客様にとっても利便性は確実によくなりました」と佐藤店長は話す。

モザイクモール港北店の佐藤雄一店長。旧店舗の港北センター南店でも4年間店長を務め、移転に伴い新店でも店長として赴任

売り場面積が縮小すると、当然、展示ボリュームも圧縮される。佐藤店長によると、おもちゃは季節的な販売要素があるため、取り扱いはやめたとのことだが、その他のカテゴリーについては特に大きく減らしたものはないという。

駅近で消耗品の販売活性化にも期待

新店舗で期待するカテゴリーは「調理家電」。SC内にスーパーや複数のファッション・アパレルのテナントが入店していることから、主婦やファミリー層が多く、「高単価の商品が売れています」(佐藤店長)。また、以前の店舗では電池や電球、インクなどの消耗品が弱かったが、「駅に近いということもあって、以前よりも消耗品は伸長するのではないかと考えています」と話す。

調理家電コーナーでは各種のパネルを使って機器の選び方や健康的な食生活を提案

また、エディオンが積極的に展開しているリフォームについては旧店舗でも好調だったという。同店が立地する横浜市都筑区は港北ニュータンと称され、1980年台から開発がされてきたエリアである。特に地価が現在でも上昇し続けている都内から転出してきた住民が多く、いわゆる中古マンションを購入してリフォームをする需要が多いエリアでもある。このようなエリア特性もあり、佐藤店長は旧店舗以上にリフォームには期待をしていると語る。

リフォームコーナーでは水回りや太陽光発電、蓄電池などとともに内窓や和紙の畳も提案

エントランスでは季節に合わせた集合展示

同店はモザイクモール港北の3階で、同フロアの中では最も広い売り場面積のテナントだ。出入り口は2カ所と上下階へ通じるエレベーターが売り場の中央にある。店舗のすぐ横には駐車場への通路があり、出入りについては同フロアから、上下階から、駐車場から、と複数の動線で、お客にとっては入店しやすい店舗といえるだろう。

出入り口の一つでは、季節に合った商品を展示するスペース配置。今は夏に向けてかき氷機やスタイリッシュなコークシクルのタンブラー、ソーダ水生成器などを集合展示し、季節感を演出している。

エントランス部では、季節に合った商品を集めてお客に提案
エディオンカードの申込みカウンターでは、Tポイントの付与もアピール

エディオンオリジナル商品を差別化機能で訴求

売り場の特徴として目立つのは、オリジナル商品のアピールとエンドでの提案だ。オリジナル商品についてはクオルの名称でPB展開をしており、各売り場でクオルのプロパー商品に対する差別化ポイントをしっかりとアピールしている。

エアコン売り場では、クオルが室内機と室外機に特殊加工を施していることをアピール
洗濯機売り場ではオリジナルの洗濯槽クリーナーを展示して、ついで買いを促す
扇風機の商品カタログもエディオンオリジナルで、各社の機種が1冊にまとめられている

エンドはお客への商品訴求の場であると同時に、そのコーナーへ誘導するきっかけの場でもある。最近では新製品や話題の製品をピックアップして展示する店舗が多く、単独商品の見せ場となっている店舗も少なくない。エディオンは、従来からエンドだけにとどまらず、売り場の展示演出に関しては高い評価を得ていた。

展示演出の工夫で発見のある売り場づくり

見やすい、探しやすいは通常の展示陳列においての大原則だが、エディオンは特にお客の目に止まりやすいアイキャッチや、いわゆるコト軸提案の群展示、集合展示を売り場に導入し、発見のある売り場づくりを実践。モザイクモール港北店の売り場でも様々な提案が見られる。

梅雨対策として、除湿乾燥機やふとんクリーナー、エアコン、ふとん乾燥機などを集合展示
冷蔵庫を2台並べて容量アップ提案。横幅と高さが同じでも容量が50L増えることを訴求
デジカメのエンドは趣向を凝らしたディスプレイでお客の視線を引きつける
ドアホンコーナーのエンドにパネルを取り付け、お客に問いかける文言で関心を引く
調理家電をビアサーバーと組み合わせて、「夜メシ家電」として提案。男性客にもアピールできる取り組みだ
スマートスピーカーとブルートゥーススピーカーをモバイルスピーカーとして群展示

商品の各コーナーでもついで買いを促す提案や独自のグルーピング、用途提案などの展示演出で販売促進に注力。これらの取り組みで目的の商品を購入しに来店したお客に対して気づきを与え、プラスワンの購入やランクアップ、あるいは次回購入候補の発見などが期待できる。

テレビコーナーでは、展示機の前にサウンドバーをステージで展示。あえて前面に持ってくることでお客の目に止まりやすい
スティッククリーナーの中で上位モデルをプレミアムスティックとして提案
12月から始まるBS/CS4K放送の情報をパネルで展示。チューナー内蔵テレビの予約につなげる

長く付き合っていける関係性の構築に注力

同店のオープンには約100人が並び、オープン記念品のエアコンはすぐに完売したという。また、テレビやパソコンも販売は好調で、移転オープンのスタートとしては、上々の出だしとなったようだ。

佐藤店長は「商圏内にはファミリー層が多いので、長くお付き合いできる関係を築いていきたいと考えています。各売り場でなるべく実演や体感などができるようにすることで、見て、触って、体感して、納得して購入していただけるように努めていきます」と抱負を述べた。

大型SCへの移転で集客力は向上するものと思われる。しかし、商圏内はヤマダ電機、ノジマ、コジマ✕ビックカメラなどの各店が出店している激戦区。この環境自体は旧店舗と同じだが、新店舗で体感や展示演出に注力し、他店との差別化に取り組む。移転でどのような効果が発揮されるか、注目していきたい。